月音ミュージック合同会社 代表 川上葉月(かわかみ はつき)

埼玉県深谷市出身。4歳よりピアノ、12歳よりフルートを始める。武蔵野音楽大学器楽学科フルート専攻卒業。在学中に学内ウィンドアンサンブルメンバーに選抜される。第39回フルートデビューリサイタル出演。第9回ANPルブリアンフランス音楽コンクール審査委員賞、第19回及川音楽事務所新人オーディション優秀新人賞、2012年山手の丘音楽コンクールフルート部門予選奨励賞受賞。大学4年次にフランス・ニース夏季国際音楽アカデミーに参加しパリ国立歌劇場管弦楽団首席クロード・ルフェーブル氏の指導を受ける。パリ管弦楽団首席ヴァンサン・リュカ氏のマスタークラスを受講。大学卒業後、フルート専門雑誌ザ・フルートの編集部に就き、2014年渡仏。パリ19区立ジャック・イベール音楽院に進学し即興音楽教授のミエ・ウルクズノフに指導を受ける。パリ市内カフェ、展示会でコンサートを実施、市内小学校でアトリエ講師を務める。学内室内楽コンサートでは学長より高評価受け、2016年帰国。帰国後は、地元埼玉県深谷市にて川上葉月フルート音楽教室を開講し現在月音ミュージック合同会社代表を努める

2017年3月、「深谷市を音楽で盛り上げたい」という想いの元、CD制作のためのクラウドファンディングを実施。目標金額達成率127%で達成し、2017年9月ファーストアルバムを発売。2021年藍染ドレス製作のクラウドファンディング実施し達成